git log

ぎっとろぐ

起業2年目を終えて

0. はじめに

あなたはだれ?


・六本木のIT企業で4~5年エンジニア->独立

・起業して3年目に突入(業種は会社員時と一緒)

 

なんのためにかいたの?

 

起業2年目の振り返り。


1年目

dazil.hatenablog.com

と2年目で何が変わったの、ということをメモしておく。


1. 実績ができた


実績があるということは強い。
実績が他人からの信頼につながり、サービスの拡大や人脈の広がりにつながるということを実感した。
逆に言うと、1年目の時点で実績を積み上げられたのは大きかった。
良い仕事をしていても悪い仕事をしていても、それを見ている人は必ずいる。


2. 中期的なスパンを考慮した行動を選択できるようになった


1年目から長期的->中期的->短期的な目標に分解して行動するよう心がけてきたが、
実際1年目は直近の1年間を生き抜くための行動を優先してしまう、というのが現実であった。(そういった面で目標分解が不適切であるとも言えるが)
ざっくり言うと、将来的な1億より1年目の100万のような考え方である。
お金もそうだし、サービス内容や、自身の健康、食生活もそれに該当する。
2年目はある程度余裕ができ、短期的にはマイナスだけど中期的にはプラスになるような選択ができるようになった。


3. 間延びしてきた


1年目であった良い意味での緊張感が薄れてきた。
同じことを長期的にやると人間どうしても"飽き"がきてしまう。
昨年のブログでも書いたように、いろんな世界に触れたり、一度長期的な目標に立ち返ることで緊張感を維持する必要があるなと思った。

f:id:dazil:20180617204345p:plain
4. おまけ


oculusGoを購入。開封から1時間ちょっとくらいで落ちものbuildできた。
正直VRは5分くらいで酔うけど、空き時間見つけてなにか作ろうかな。